ランニングアプローチは正確なインパクトが必要

ランニングアプローチのミスポイント
アマチュアゴルファーがランニングアプローチをするとき犯しやすい間違いがある。すぐ左手首が曲がる現象である。インパクト時の手がクラブヘッドをリード(ハンドファースト)しないため、起こる間違いだ。このようなときには、クラブのヘッドフェースが目標方向を眺めることができるよう物事を置いて目の前のクラブが停止するようにスイングの練習をすると効果を得ることができる。

グリーン周りでのショートゲーム、つまりアプローチとパットゴルフの勝負を左右するほど非常に重要である。1930年4つのゴルフトーナメントを制圧してグランドスラムを達成したボビー・ジョーンズは新聞とのインタビューで、「ショートゲーム(Short game)を上手ゴルファーがロングゲーム得意ゴルファーに勝つ。」とショートゲームの重要性を強調した。

正確なインパクトのために一つのクラブにしよう

アプローチやパットは非常に感覚的なショットを要求する。特にアプローチでは、グリーンの状態とボールの位置などを細かく観察しなければならない。また、ボールをどのようにピンに付けるか悩んで方法をもたらす創造性は、ゴルファーの必須要件である。

しかし、答えはそれほど複雑ではありません。アプローチのための最もよいショットは「転がし」である。このとき、最も正確で精密に打つことができるクラブはパターが、グリーン周りの芝が長く抵抗が強いのでパターで転がしただけでは距離や方向を合わせる難しいという点に留意しなければならない。このようなときは、「ランニングアプローチ(Running approach)」をしようとすることが有効である。

次に、ランニングアプローチをするとき、クラブの一例を使用するのが良いか、色々と使用するのがいいかな?もちろんゴルファーの好みやスタイルに応じて異なりますが、お勧めしたいのは一つのクラブ使用である。一つのクラブでプレーすると、クラブが手に熟しそれほどミスショットの確率が低くなる。

ボールの位置は胸の線

グリーン周りからの短いアプローチショットをする際にドィタンやトッピング(Topping)がたくさん出るゴルファーはセットアップ姿勢を再確認する必要がある。チップショット(Chip shot)のセットアップ姿勢をとるとき、アマチュアゴルファーが最も多く、間違い部分は「ボールポジション」と「重量配分」である。

ダウンスイングするとき、ボールを先に打つためにボールを右足に置き、体重を左足の方に載せるのに、多くのゴルファーは上体を再右足側傾けることを見ることができる。ボールを正確に打つことも意識した残りの自分も知らないうちに、上体がボールを追いかけようになれば、このようなセットアップ(Set up)姿勢が出てくる。この状態でストロークをすると、ボールは実際にスタンスの後ろにいない体重また右足側載ることながら、ややドィタンを打つことができる。

セットアップを正確にするには、セットアップが終わった状態で他のクラブを胸線から長く垂らしてみる。ダウンスイング時の草ではなく、ボールを先に打つためには、スイングの軸となる胸のラインは常にボール前方になければならない。

このような姿勢でストロークをすれば、自然にダウンブロー(Down blow)にボールを正確に合わせることができ、わずかに低い弾道で出発するボールは、適切な量のバックスピンがかかり、コントロールしやすくなる。

意識するポイント

セットアップを正確にする方法。クラブを胸線から垂らしクラブがボール前方に来るようにする。ボールの位置が決定されると、体重を左足に70%与えてボールより手が目標に向かってより後押しするハンドファースト姿勢でアドレスする。

ランニングアプローチは正確なインパクトが必要に参考となるYoutube動画は【長岡プロのゴルフレッスン】アプローチショット①ランニングアプローチの打ち方を推奨します。

ランニングアプローチは、文字通りボールを転がすショットである。ボールを起動した時といけないので、手首は、アドレス時にハンドファーストの姿勢でそのままインパクトして手首を折らずにそのまま維持し、目標地点の方向にストロークしてなければならない。短い距離をアプローチするので、手首を使わず、より正確で繊細にホールに近い地点にアプローチをすることができる。

ランニングアプローチのストロークは二つに分けることができる。アイアンのように打つ方法と、パッティングストロークをするように打つ方法がある。アイアンのように打つ方法はペースを少し開いてさせてリーディングエッジ(Leading edge)でインパクトする方法である。この時、手首を使用せずに、アドレスするように手がボールより前方にあり、インパクトになってからペースが正面のまま腕スルーされるべきである。ストロークは、バックスイングの長さと比例している。パッティングストロークするように打つ方法はパット打つようにボールの側面を打つ方法である。

3:7の法則

ランニングアプローチ時のボール可能な限り出てはならないので、ボールが右の親指の前に置かれるように姿勢をとる。この時、左足をオープンし、体重の70%程度が左足に載るようにする。クラブヘッドの重さでボールを打つために、そのためにクラブを少し短く持って手首の力を抜く。

「飛距離」と「ラン」の割合を3:7、すなわちピンまでの残り距離が10mのときに3mは浮かべ7mは振る。この時、視線をピンではなく、ボール落ちるポイントに攻略するのに、ボール落下地点を中心に、心の中に、直径1m建てウォンをその中にボール入るように練習する。ピンを見て直接攻略することはなく、落ちるポイントを攻略することが確率が高くなるからである。グリーン周りであれば、これらの法則を常に適用することができる。