パットの秘密は、まさに精神力である

グリーンに露が浮かんでいる場合、通常と同じように攻略してはならない。小さな水滴粒子が芝生に結ばにおいてパッティング時の水の抵抗のためにボールによく転がらない。いつものパットより3分の1程度、より強くパットをしなければなら所定の位置に合わせてパットをすることができる。

英国最高のゴルフ選手の一人であるヘンリー・コットンは、集中的な練習で有名である。ヘンリーは、ある新聞とのインタビューで、「パットが上手秘訣はパットの方法ではない。パットの秘密は、まさに精神力である。すべてのショットは1打計算されるため、1mのパットも300ヤードのドライバーショットと同じように重要である。」とした。

彼の言葉のように成功したパットのためにはパット状況を冷静に対処してよくコントロールするものである。成功パットのための練習方法4つを紹介する。

重圧に対処練習

グリーン上に上がったとき重圧を感じる場合はパットをする前に、深呼吸をしてドキドキ心を浸す。続いて、意識的にパターを軽く握る。このようにすると、筋肉の緊張が緩和される。

様々なライのパット練習

ホールカップの周りに60 cmの距離を置いて十二個のボールを丸くする。ボールに沿って順番にボールをすべてホールカップに入れる。連続的にすべて成功すると、30 cmより戻って90 cmの距離に置くならない。失敗した場合、最初から再生する。十二個のボールをすべて連続3回成功するまで練習を続ける。パットの前に深呼吸をしてドキドキ心を浸す。

ホールカップの周辺に60、90cmの距離を置いて十二個のボールを丸く位置させる。

腕スルーはバックスイングの大きさの二倍

短いパットはボールを通過する際には必ず加速し、腕スルーがバックスイングの長さの二倍されるようにする。これにより、インパクトを通過するとき、クラブヘッドが加速していないことができず、パターがホールカップをまっすぐに目指すことになる。フェアウェイのオンデュルレイション(Undulation)が深刻ではない場合、グリーンのたわみを心配しなくても良い。

ホールは音で確認する

練習時ホールカップはマグカップなどとする。短いパットときは、体を完全に固定し、ボールマグカップに触れたときに見ていない音のみを聞く。これにより、ボール落下成功の声をより頻繁に聞くことができる。

ストロークをした後、ボールを見ようといけない。とても気になって、ボールはどこに転がっていくのか見ようとすると、下半身がストロークすると、あまりにも早く動くれ危険が大きい。

バックスイングの大きさの二倍されるように腕スローをするクラブヘッドに加速がつく。マグカップにボール当たる瞬間を目で見ず音のみを聞く。集中力も良くなり、ヘッドアップ防止にも効果がある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です