良いグリップを作るためのパターのグリップ握り方解説

ストローク時のポイント

ストロークで手首をあまり動かすことは良くないグリップである。グリーンが遅いた昔は手首を書く技術を多く書いたが、モダンなグリーンは、ほとんど非常に速く、手首に置くという考えは危険な発想だ。

ストロークで手首をあまり書くと、一貫性のある感覚を感じることが難しくなる。特に圧迫感を受ける状況であれば、大きな肩の筋肉ではなく、小さな手の筋肉がより緊張になる。

成功パットのストロークのためにクラブのグリップをどのようにとるかが非常に重要である。グリップはテクニックとセンス、快適さを決定する。快適で安定したグリップで手でパターが強固に握られると自信が生じるからである。良いグリップを作るためには、他のスポーツと同様に、それほど練習が必要である。

良いグリップのポイント

最も一般的なグリップのリバースオーバーラップパットグリップを使用して良いグリップを握るために調べてみよう。

1.通常の「オーバーラップグリップ」をするときのように左手を先にクラブに上げる。フルスイングと同様に、指ではなく、手のひらでクラブのグリップ部分をとってくれる。クラブで左手の人差し指を離し、左手の人差し指は、右手全体を包むことができる。

2.右の指をグリップから離れた左手の人差し指の下に置くだ。やはり指ではなく、手のひらでグリップを握る。左手の人差し指を右指の上に乗せておくが、これは右手小指が左手小指の上に置かれるオーバーラップグリップの反対になる。

3.最後に、両手を一緒に動かして、クラブを快適にキャッチします。手のひらにグリップをすると、ストロークをしながら手首を使用するのが困難になるがこれが良いパットを可能にしてくれるポイントです。

手のひらでクラブのグリップ部分をとる。クラブで人差し指を離す。

右手の親指は左手の親指と日付がされるように保持する手のひらグリップの側面に触れることができるようとる。

右手の親指は左手の親指と日付がされるように保持する手のひらグリップの側面に触れることができるようとる。

柔らかいながらも圧迫感を与えなければ

パッティンググリップの目的は、非常に簡単である。パターヘッドにボールを打つ目標に直角にボールを送るだろう。このプロセスが、成功すれば、ボールはまっすぐに転がりれる。パッティングストロークは手が最も重要な役割をする技術なので、グリップは両手が一つ動かし、いずれかの手が、他の手をリードしてはならない。

良いグリップは柔らかいながらも圧迫感のために筋肉が緊張されるように必要があり、特に指と腕の筋肉がより緊張になる。リズミカルで柔らかなストロークを必要に応じて可能な限りの力を抜いてクラブをスムーズに保持しなければならない。

しかし、あまりにもスムーズにストロークをすると、左手首がコクヨソボール左に通過イプス(Yips)現象が起こることがあります。左手首が動かないように、まるで手首にギブスた想像をしストロークをしてみよう。ボールの方向性が驚くほど目標方向に流すだろう。

パターストローク時のグリップ解説についてのわかりやすいYoutube動画はティーチングプロの坂本龍楠さんの「ゴルフスイングの基本 グリップの握り方」を推奨します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です