バックスイングのテイクバックを解説

MEMO
ゴルフでは、バックスイングは、とても重要である。正しい技術と拍子からなるバックスイングは、ダウンスイングとインパクトをより簡単にしてくれる。通常アマチュアゴルファー、そのうちの特にスライスを多く出すゴルファーのバックスイングは非常に速いという共通点がある。一般的に、バックスイングが遅いほどダウンスイングは、より速くなる。また、バックスイングが速すぎると、スイング中の体の重心移動を容易にすることができない。

バックスイングの初期動作をテイクバック(Take back)という。テイクバック動作に応じてバックスイングサイズが決定され、バックスイングのトップの形が決定されるため、適切なテイクバックを作ることが非常に重要である。一番最初に動作的に左腕は広がっている状態を維持し、左の肩から動きが開始され、腕→手→クラブ順にスイングする必要が正しいテイクバックを作成することができる。

体の回転動作の順序を守ろう

体の回転動作にも順序がある。この順序を無視した場合、バックスイング動作が自然に作成されず、軌道が揺れる。まずは体の回転は、肩→腰→膝順に行われるためには、最初のバックスイングの回転は、肩が45°右に戻ったときのお尻を向け始めなければならない。この時、注意すべき点は、肩と腰は回転するが、右膝がアドレスをした姿勢で外逸脱ようにするものである。

体重移動は、右の靴底の内側に

バックスイングで体重移動は、飛距離を出すための最も重要な要素である。体重移動が正確に行われなければ、腕の力だけで飛距離を必要するため、制約要素が多くなる。体重は百スイング時の右に移動するが、右の靴底の外側ではなく、内側部分に載るのがなければならない。また、体重移動を確実にするためには、肩の回転を十分に作る。

バックスイングのテイクバックを解説しているわかりやすいYoutube動画はゴルフのテイクバックがうまくなる!正しい体の動かし方【ゴルファボ】【小野寺誠】を推奨します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です