重要なスイング区間であるハーフスイングの練習解説

ハーフスイング(Half swing)は、完全なフルスイング(Pull swing)の中間段階で、正確な表現は、ハーフウェイバック(Halfway back)である。長めのチップショット(Chip shot)から30〜40ヤードのアプローチとパンチショットまで移行することができるスイングの重要な区間である。

プロもスイングがよく作成されないときにはハーフスイング区間のみの練習したりする。ハーフスイングが、ほぼすべてのスイングの根幹であるため、最も重要な練習にここだ。

スイングのリズム感とインパクト時の手の感触は、このすべてのことをハーフスイングで訓練することができる。ハーフスイングが硬く作られたならば、それよりもさらに大きなスイングをしても安定したインパクトを作ることができる。

ハーフスイングの体重の割合は、5:5

ハーフスイングでは、アドレス時に節制された動作のためになどをまっすぐに。スタンスは右足はスクエア、左足は15°程度オープンする。体重は両足に均等に5:5の割合で乗せる。ボールの位置は、両足の中心よりもやや左足側におく体の中心が中央によく配分することができる。

などをまっすぐに伸ばし、スタンスは右足はスクエア、左足は15°オープンする。

体重は両足の内側

ハーフスイングでは、下半身の安定が最も重要である。安定した下半身を作成する基本的には、アドレス時に体重が両足の内側に集まるようにしてくれるものである。両足の足底の内側に体重が載るという感じがしなければならない。体重は中シトドゥェ太ももや膝、ふくらはぎが一直線になって体重が地面に安定的に載るようにする。

この時、体重を内側に過度に集めようとすると、膝が互いに届くような感じになったりするのではなく、これらの過剰な動作は、硬直したスイングを呼ぶので止揚する。

ハーフスイングでの重量配分体重を足の内側に荷を積んで太もも、膝、ふくらはぎが一直線になるようにする。

重要なスイング区間であるハーフスイングの練習解説でわかりやすいYoutube上の動画は「ハーフスイングでうまくなる 総集編 HARADAGOLF セレクション」を推奨します。

アドレスは、最も軽い状態にする

ソフトフルスイングの最初の条件は、アドレス時の体の緊張を緩和させるものである。深呼吸をして軽い状態で体を作ってアドレス動作をとり、バックスイングの頂点まで軽いグリップをどれだけ維持するかが良いフルスイングの基準となる。体の全体的な感じは回転力によって飛距離が出るようになるという事実を念頭してダウンスイングを導かなければならない。総体的に良いフルスイングの最も理想的な条件は、切れ目のない接続の動作と徐々に加速がつくヘッドスピードである。