ドライバー(1W)のバックスイングを習得しよう

バックスイングは、肩→腰→膝の順に行われるし、理想的なバックスイングの回転は、肩の回転が90°、腰の回転が45°、膝の回転は15°程度である。このとき、右腰の高さで左手の親指方向にコッキングが行われる最も信頼できる軌道と良いリズム感が形成される。

バックスイングの目的は、ダウンスイングするためにゴルファーの体とクラブを身体の右側の任意の位置に置き換えるものである。ボールがゴールに向かって正確に飛ぶようになりダウンスイングを生み出す予備動作とすることができる。

正しいバックスイング動作作成

正しいバックスイングを作るためには、アドレス、テイクバック、ボディの回転動作の中核を知るべきである。

1.ドライバクラブのアドレス
ドライバスイングでアドレス時のボールの位置は左足のかかとに置く。クラブの長さが長くどん底を過ぎ上がる打点でボールを当てる必要がありますのでアッパーブロー(Upper blow)スイングとも呼ばれている。クラブが長くスイングの弧最も大きく、飛距離も最も遠く飛んでいく。

2.テイクバック
、バックスイングの初期動作をテイクバックとする。テイクバック動作に応じてバックスイング号サイズが決定され、バックスイングのトップの形が決定される。両腕と肩の三角形をよく維持してスイングの弧を描く。

3.体の回転動作
体の回転の動作にも順序が無視されると、バックスイング動作が自然に作成されず、軌道が揺れるれる。最初のバックスイングの回転時点は、肩が45°右に戻ったときのお尻を回し始めるときである。この時、注意すべき点は、肩と腰は回転するが、右膝がアドレスをした姿勢で外の傾斜面にしなければならないという点である。

ワンポイントアドバイス
1.ボールの位置は左足のかかとに置いて体重は右足に60%、左足に40%を置く。2.バックスイング1段階、テイクバック。肩を右に45°回転させ、肩や腕が三角形になるようにする。

正しい胴回転方法

アマチュアゴルファーの多くは、バックスイング時胴の回転ではなく、腕の回転にバックスイングを作って両腕と肩がなす三角形の角度が崩れるようになる。これらの崩れは、バックスイングスピードを急に速く作成不安バックスイングのトップを誘発することになる。

胴の回転動作を身につけるためには、三角形を維持する練習をしましょう。アドレス時には、両肩と両腕が三角形をよく達成できるようにしてくれて、テイクバック時にも、三角形の倒壊せずに維持してスイングを作ってみる。これらの動作は、初期のスイングの軌道を安定的に導いてくれ、常に一定のスイングの軌道を簡単に作ることができる基礎的な練習である。

ドライバーショットは飛距離を出すことが目的でもあるがセカンドショットの攻略のためにフェアウェイのキープ率を高めることも目的である。この二つを満足するためには、適切なバックスイングの動作をよくする必要があります。

アドバイス

バックスイング3段階。肩→腰→膝順に90°程度の肩の回転をする。

ダウンスイング時の三角形を維持し、体重が左足裏の内側部分に載るようにする。

ドライバー(1W)のバックスイングを習得しようのYoutube参考動画として「バックスイングで”揃えるべき角度”とは?スイング軌道が安定するポイント【ゴルファボ】【今野康晴】」を推奨します。