スイングのリズムを身につけよう。チャーシューメン!?

クォータースイングは、クラブシャフト(Club shaft)がバックスイング時地面と平行になる前の時点でのスイングすることである。文字通りフルスイングのクォーターポイントまでバックスイングをした後にスイングするので、クォータースイングという。クォータースイングの最大の目標は、まさにスイングのリズム感を身につけることである。

飛んでいくボールを見てはいけない

リズム感のための最初の条件は、ボールが飛んでいくのを眺めてはならない。ボール飛んを眺めるようにすると、欲が生じながら、自分も知らないうちにますます力が入る行動をするようになる。

第二には、振り子運動をするようにスイングするものである。深呼吸を大きくして、肩の力を抜いて、まるで時計追加されたような感じでスイングする。スイングを練習すると良いリズム感を作ることができる。だから別名チックタックスイングと呼ばれる。

スイングのリズムを身につける最適な解説動画は、古閑美保さんによる【超重要】スイングで最も大切なのは「リズム」!上達しない人の共通点とは?をご参考ください。