ダウンスイング時の体重移動はグッドショットの必要十分条件

野球ゴルフの体重移動
野球ファンなら野球選手がホームランを打つために左足を聞いたが、ボールを打つ瞬間左足を踏み出す姿を見たものである。ゴルフも同様に体重を載せるボールを遠くに飛ばすことができる。

アマチュアゴルファーがグッドショットに失敗する理由は、ほとんどダウンスイング時に誤っ体重移動にある。もちろんグリップ、アドレス、インパクト、自然腕スルー、フィニッシュ、バックスイングなどのいずれかの重要ではないことがありませんが、体重移動は特に重要である。アドレスからバックスイングまでは基本的であれば、ダウンスイングのインパクトまでのショットの成功率70%以上を占めているからだ。また、アマチュアは数多く指摘されながらもしっかりと完成されたダウンスイング時の体重移動の重要性を理解していない場合が多く、同じ過ちを繰り返す。

軌道、コーキング、体重移動が完璧な調和を成すようにする

ダウンスイングで最も気使わなければなら部分は、3つのである。クラブヘッドが降りてくる軌道、手首のコーキングをいつフルか、そして体重移動である。この3つのが適切に調和を成す正確で爽やかなショットを飛ばすことができる。この3つの動作は、同時に成り立っアマチュアは常にこんがらかったりする。

クラブヘッドの軌道は、クラブヘッドがバックスイング時に上がりながら描いた軌跡をそのまま下りくることが重要である。バックスイング時に作成した軌道を離脱しないようにする。つまり、ダウンスイングは、バックスイングの逆である。

バックスイングのクラブと胴体は一つになって、バックスイングが行う。

ダウンスイングバックスイングの軌跡をそのままダウンスイングに維持するのが最も良いスイングである。

右ひじわき腹につけたようにスイングする

ダウンスイングの初期段階では、バックスイングのトップに至る前に、両手とクラブシャフトは、クラブヘッドが配置され、その場で降りなければならない。クラブのグリップ端は、ボールを向かう。バックスイング時の軌道を維持するためには、右肘が彼の側につくような状態で自然にダウンスイングが行われるべき良い。うまくいかない場合は、意識的に彼の側に付ける練習をしなければならない。このように右ひじを脇に頼るように降りてくると、バックスイングから集まった力が胴に伝達され、強いインパクトが作られる。

この原理を理解していない素人が思ったよりも多い。強いショットが腕の力で出てくるものと誤解するものである。だからダウンスイング時に右腕にも力が入って、それによって右肘が体から落ちて右肩が前に回転される。その後、インサイドでアウトサイドではなく、アウトサイドからインサイドスイングになって、ほとんどのスライスがある。また、体ではなく、腕を振るうみる速度も過度に速くなり、正確なインパクトをしないようにされる。

コーキングはインパクト直前まで解かない

手首のコーキングを解く視点も問題である。インパクト直前までコーキングを解かずにそのまま維持しなければならない。プロ選手は、インパクト直前までコーキングをほぼ維持する。いわゆる「レートヒーティング」である。ようクラブヘッドの重量とスイングの遠心力を利用した強いインパクトが正しく作られて必要な距離と方向性を持つ。ほとんどのアマチュアは、ダウンスイングの開始からコーキングを解放降りアウトサイドでインサイドスイングが出てくる。

コーキングがあまりにも早く終了したら、クラブヘッドが手よりも先に私がボールを合わせる瞬間汲み上げる式になる。当然の方向性も悪くなる。スイングの練習をしながら、毎回目で確認する習慣が必要である。クラブヘッドがインサイドからアウトサイド軌道に降りてきて、ボールを打つか、コーキングをインパクト直前まで維持することをよく見なければならない。これ熟達すると、はるかに柔らかいながらもパワーが掲載されたショット感覚を感じることができる。

ダウンスイングをするとき、右肘は脇をかすめるようにする。

コーキングの角度はインパクト直前まで解けないように維持する。

バックスイングからフィニッシュまで両側に壁を積むような感じ

ダウンスイングの開始は、必ず体重移動と一緒に行う。クラブをつかむ下げると左足で体重を移すことが同時に開始されるからである。バックスイング時に右に傾いた体重を左に急持っながら体を利用した力強いスイングを開始しなければならない。左足の内側に地面を下げ押す感じがするようにしなければなら方向性と距離をとることができる。

頭、肩、膝の高さを一定に維持する

体重移動で注意する点がある。まず下半身が左右に揺れるスウェイ動作が出るならない。バックスイング時の右に傾く重量を右腰と膝と足はその場でしっかり支えなければならない。逆にダウンスイング時の左脚(内側)が堅固に持ちこたえなければならない。まるで両側に壁を積んよう堅く立つならない。下半身が持ちこたえることができず、横に沿っていけば、スイング軌道と軸が崩れる。当然スイングの一貫性も失われる。

頭、肩、膝の高さを一定に維持することもとても重要である。いわゆる「スパインアングル(Spine angle)」という腰の角度をいう。バックスイング時に上体や膝が上がってダウンスイングをしながら降りて行かないかチェックする必要がある。体が上下に揺れるゴリミョンスイング軌道離脱にボールを正確にヒットしないようになるからである。

ダウンスイングからインパクトまで右ひざを左足に向かって移動する。

ダウンスイングでのインパクトに移動するときに左足は、壁を形成し、軸とる。

体重移動は、グッドショットの必要十分条件

体の左右両軸との高さを大事にしながら、自然に行われる体重移動は、グッドショットの必要十分条件である。体重移動が正しいことを点検して見る方法がある。バックスイング時に右に体重が正常に移動したのかは、バックスイング時に左脚を聞いても、体が支えられるほど体重が移動したのかと知ることができる。

逆にダウンスイングが終わったフィニッシュ姿勢で検査することができる。右足を聞いても倒れないように体重がすべて左にする必要があります。ダウンスイング時に右足だけ体のバランスを維持する役割だけである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です