スイートスポットゾーンにボールがあたるを解説

参考
スイートスポットにボール当たるゴルファーの手には、非常に柔らかい感じが伝わる。しかし、ボールスイートスポットに合わないときは鈍い感じがする。

ボールを最も遠く送るための最適点をいう。過去のクラブでは、点一つ程度の小さな点だったが、クラブの製造技術が発達するにつれて、点の大きさが広がって、現代では、スイートスポットジョン(Sweet spot zone)と言うこともある。

スイートスポット(Sweet spot)は、ラケットやバット、クラブヘッドなどの中心部に最も効果的な打球を生み出すポイントをいう。ゴルフでは、「ゴルフクラブの真ん中」を指す。

スイートスポットゾーンを合わせよ

最近発売されたドライバは、ヘッドが大型化されることで、スイートスポットのサイズも非常に大きくなった。だからスイートスポットジョン(Sweet spot zone)という用語まで出てきた。スイートスポットゾーン内では、少しビトマトも吹き飛ばさ確率が以前より多く高まった。

ボールスイートスポットジョンから抜け出すほど飛距離は大幅に短縮される。スイートスポットは、ボールを遠く送信最良の場所である。スイートスポットにボールを当てる飛距離を最も遠いことができる。

スイートスポットゾーンにボールが当たったときの感じ

スイートスポットにボール当たるゴルファーの手には、非常に柔らかい感じが伝わる。しかし、ボールスイートスポットに合わないときは鈍い感じがする。

ボールの底面であるブラシ(Sole)とクラブフェースの接合面であるリーディングエッジ(Leading edge)に合わせてと、電気ショックがくるようにビリビリした感じで地面に低く飛んでいくことになる。

ボールのインパクトゾーンが土(Toe)に合わせてと、インパクト時のクラブが手の中でかえる感じがする。内側に合わせてと、「ぴったり」という音とともにボールを右に飛んでいく。この感じを介してボールどこに正しい継続練習しなければならない。

スイートスポットゾーンにボールがあたった感じを解説するをわかりやすく動画にまとめてあるYoutube動画は「クラブの芯で打つ感覚がわかる!タイガーもやっている練習法【中井学】【シングルプレーヤーへの道】」です。