ゴルフ初心者向け基本動作スイングのクォータースイング

重要ポイント

クォータースイングは別名「チックタック」とも呼ばれる。最初からきれいに振り回すフルスイングを期待した人にチックタックの練習は退屈きまり悪いだけがだろうが、このクォータースイングこそ初心者ゴルファーに最も重要な練習である。心を空にして練習に集中しなければならない。

クォータースイング(Quarter swing)は、別名1/4スイングまたはチックタックスイングとも呼ばれるゴルフの基本動作である。肩と腕の形状が三角形を確保したままスイングすることで、クラブヘッドの動きを知っているのに役立ちます。クォータースイングに書く7番アイアンはアイアンクラブの中で中間のクラブで、後でロングアイアンやショートアイアンを使うときも自然に接続することができる。

肩と腕の三角形を維持したままスイングする

右腕を伸ばし、左ひじの内側が正面を向いて左脇が付いてなければならない。右腕に力を入れずに、肩と腕の三角形を維持し左腕の主導でバックスイングを開始する。インパクト(Impact)の際には、ボールを見ながらアドレス姿勢でボールを打撃する。

バックスイングからフィニッシュまで同じリズムでゆっくりスイングする

下半身を固定してクォータースイング時の腕の回転を知るためには、両膝をしっかりと固定したままスイングしなければならない。また、力が入らないようにテイクバック(Take back)からフィニッシュまで同じリズムでゆっくりスイングする。

バックスイング時に両肘を曲げず、肩の回転感じでクラブを上げなければならない。インパクトで腕スルーも両ヒジを広げる。

この時、意識的にボールをツイオリョゴすると、右の肩が下がったり、左肘が後方抜けながら左腕が手羽先の形のスイングになってしまい、肩の三角形が崩れる。右手で彼を襲っていないことも重要である。この時、手首を使用すると、フェース面が開くので、注意しなければならない。クラブフェースが開いたら、スライス(Slice)を誘発するからである。

図1のスイングポイント。肩と腕が三角形を維持する。右腕を伸ばし、左ひじの内側が正面を向いている。左脇を付け右腕に力を抜く。
図2、3スイングポイント。時計を追加動きがそう自然で一定の速度でボールを打つ。

両足と頭を固定したままスイングする

右腰までバックスイングして、左腰の高さまで左右対称になるように腕スルーする。右腰から左腰までスイングするとき両足は、最初から最後まで固定し、頭の位置もアドレスからフィニッシュまで上下左右に動かずにスイングしなければならない。首の後ろの中心部(背骨)は中心軸になって肩の回転で棒を振り回して胸にスイングするという感じで腕スルーになったときに頭はボール消えポイントをそのまま見つめる。

トップの位置は、グリップが右側の腰に来た時でありこの時、左手などクラブフェース面は正面を眺めるようにする。フィニッシュの位置は、左腰付近であり、右手などは正面や空を見るようにする。

クラブフェースの中心の感覚を感じる

クラブフェース(乗る、Club face)の中心部にボール当たる瞬間の感覚を学ぶ必要である。クラブフェースの中心にボールが当たると手に渡される感じも柔らかくハイウェー最も遠く飛んでいく。

クラブフェースの中心は、クラブによって異なるが、自分が使用しているクラブの中心を確認するには、シャフト(Shaft)のネック(Neck)近くの部分を握って軽くボールを倒す見る。この時、最も手に衝撃が少ない部分は、中心部である。複数回ボールを倒すインパクト(Impact)の抵抗が少ないにもボールがよく飛んでいくところを身につけ、練習を重ねて、その感じを身に体得しなければならない。

注意点は、腕に力を入れずに、肩の回転でスイングしなければならないというものである。そうしてこそ中心を外れ確率が低く良いインパクトになる。もしボールをすぐにビート上げようとすると、クラブフェースが上に向けた状態でインパクトされるため、ヘッドの重心よりも下の部分を打つ簡単なトッピングが発生し、逆に右手を利用して、ボールの上から押してビート入れようとすると、クラブフェースが閉じた状態でボールを打つされて中心より上部を打撃することになる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です