ゴルフ初心者のアドレスの基本姿勢と体重配分

重要ポイント
アドレスとスイングをするために足の位置を定めボールにクラブフェースを狙うスイングの基本姿勢である。スタンスと体重配分はスイングの重要な要素である。

スイングするときは、体が自然に戻り、腕、手、体が三位一体となって、クラブを振り回すことができる姿勢が出なければならない。また、ゴルフのスイングは回転運動であるため、回転軸がなければならない。首からなどを経て、腰に達するまでなどをまっすぐに伸ばし、お尻をアヒルの頬のように、私のスライド背骨を中心軸に回転することができる正しいアドレスの姿勢をとる。

目標線を設定

アドレス時の手と体の間隔は、拳一つ入るほど一定の間隔を維持しなければならない。身長、性別、身体特性などにより若干の違いはあることができる。

アドレス時には、目標線を先に設定する。まず、ボール落下地点を目指し定め、ボールの目標との間の中間点に視線を落とす。最後に、ボールのすぐ前1m地点のどんなものでも基準を定めて配置する。ゴルフショットは、腰と肩の方向に沿ってボール飛んでいく。アドレス時の腰と肩の方向が間違って決まったら、ボールは別の方向に飛んでいくことになる。

スタンス(Stance、両足の間隔)は、幅が狭ければ、回転が楽幅が広ければ、パワースイングをするにやすい。それぞれに適しスタンスをとることが望ましく、無理に狭いか、広くする必要はない。

チェック
上体をまっすぐに伸ばし、お尻をアヒルの頬のように差し出す。クラブと体の間隔は、拳一つ入るほどである。膝線、ウエストライン、肩の線が目標を定めて立つ。
正しいアドレス参考動画
アドレスの基本!ゴルフ初心者が必ず守るべき5つの鉄則【ゴルファボ】【小野寺誠】