ゴルフ初心者のためのパター時の姿勢解説

パット姿勢で最も重要なことは、快適で安定した姿勢である。肩を快適に動かしながら、体のバランスをとることは、ボールをスムーズに転がすことができる鍵であり、これは安定した姿勢で出てくることができる結果である。

グリップを強固に保持し、スタンスを肩の幅で得られる

まず最初にグリップをしっかりとキャッチ。左手の人差し指は、右の指全体を包む。親指がパターグリップの平行部分の上に上がってくることができるように平行になるようにする。

スタンスは肩の幅、または少し狭く、足を広げて維持してくれるのが一番いい。腕が肩の下垂直に置かれた姿勢でスイング動作をすることができるほどのスペースが作られるように背中とお尻の角度を維持する。体の中心は、両方の足の間にあるボールの上に置く。

よく手首が帰る現象を見せに手の甲の線目標平行をなしていると考えながら顔リード目標方向を維持する。

このような姿勢を維持することができれば、ストロークしたときに最大限の誤差範囲を減らすことができる。

快適で安定した基本姿勢

ボールの前に立った姿勢が堅くならお尻から体を曲げ、両腕が肩から自然に剥離し、腕が体につかないようにする。膝を柔らかくしなやかに曲げ、背中をまっすぐに伸ばして、できるだけ緊張を解放しなければ理想的な姿勢を完成することができる。

姿勢ポイント
腕や肩が垂直になるようにお尻を後ろに引くと快適なストロークを作成することができる。左手の甲や顔のラインが目標ラインと同じ維持する。腕を自然に落とし、膝を柔らかくしなやかに曲げる。

目とボールの垂直な状態

パット姿勢をとったときの目とボールの垂直状態でなければならず、目でボールを落とす感じで垂直に見る。肩はつま先と平行を保つ。

目の下のボールを落としたとき、フィールドの上にあるボールに合わなければならない。

ゴルフ初心者のためのパター時の姿勢解説をわかりやすくYoutube動画で紹介している「パターで脇は締めるべき?開けてもOK?正解はこちら…【ゴルファボ】」を推奨します。