ゴルフクラブを購入する時の知識

ゴルフに入門するためには、必ずゴルフクラブを準備しなければならない。しかし、初心者ゴルファーはどのような製品をどのように購入するか、また、自分に必要な製品は何があるか導通知ることができない。クラブは大きくウッドクラブ(Wood club)、アイアンクラブ(Iron club)、パター(Putter)の三種類に分けられることを覚えてゴルフクラブ購入時に必ず知っておくべき事項とクラブ購入のヒントについて調べてみよう。

ウッドクラブ

各ホールで初めてボールを打つときに使用するクラブで飛距離を出すときに使う。ヘッドは、木や金属合金で作る、最近ではチタンや合金製品が主をなす。

ウッドクラブの種類

分類飛距離(ヤード)
男性女性
ドライバ(Driver:1回)240200
ブラシー(Brassy:2回)230190
スプーン(Spoon:3回)220180
バフィー(Buffy:4回)210170
クルリク(Cleek:5回)200160

ドライバの選択方法

代表的なウッドは、1番ウッドインドライバでクラブの中でヘッドが大きく打撃面が広く、パワーが最も強い。ほとんどパー4のホール以上で第1打を打ったときにボールを最大限に飛ばすための用途に使用する。ドライバーを選択する際の考慮事項は、価格、外観、ヘッドの大きさ、ロフト角などである。

•ドライバーのデザイン

まず、クラブヘッドの大きさが重要である。大きなクラブヘッドは、より広い打撃面(スイートスポット)を提供するため、中央を外れて、よりも方向性と飛距離ロスを防いでくれる。最近では、ヘッドの大きさが320〜460 ccに至るまで多様で選択の幅が広い。

•ドライバーの適切なロフト角
プロゴルファーやシングルハンディふた締め機(Single handicapper)は、低弾道を駆使して、多くの飛距離を得たい。だから通常7〜9°ロフト角のドライバを使用しますが、初心者ゴルファーには一言で「高嶺の花」である。ロフト角が低いほど、ドライバを扱うのは容易でなく、初心者ゴルファーには無用の長物である。男性初心者はボールを簡単に浮かせることができ、扱いやすい9〜10°のドライバーが最も便利である。女性初心者は11〜12.5°のより大きなロフト角が有利である。

•シャフトの検索
ドライバはヘッドよりも重要なのがシャフトである。一般的に、シャフトがとても柔軟と飛距離は多く発生するが、少しスイングテンポを失うフックやスライスが頻繁に発生する。シャフトの種類は、女性のあるL、男性的なR、 S、 Xなどに区分される。ヘッドスピードが35-45m / secは、通常Rシャフトを、45-50m / secは、Sシャフトを、50m / sec以上は、X軸を選択する。注意すべき点は、初心者といって、必ずしもRシャフトを使用する必要はありませんので、自分のヘッドスピードを測定して、ドライバを選択するのが良い。

•フェアウェイウッドの選択
フェアウェイウッドは、通常3回と5番ウッドを選択しますが、初心者は4番ウッドを使用することがより実用的である。4番ウッドは3番ウッドよりもロフトが少なく、簡単に扱うことができ、飛距離の面でも差がない初心者にもいい。ここで汎用性の高いウッドインユーティリティを追加すると、ロングアイアンの恐怖から逃れることができる。初心者はロングアイアンを簡単に扱いが難しいため、汎用性の高いウッドを使用すると、非常に大きな効果を得ることができる。

アイアンクラブ

ヘッドを金属で作られたものでフェアウェイからボールを​​グリーン上のホール近く付ける役割をする。値面の角度に応じて、1番から9番まで様々である。

アイアンクラブの種類

種類/yard男性女性
ミッドマッシュ(Mid mashie:3番)190150
マッシュアイアン(Mashie iron:4番)180140
マッシュ(Mashie:5番)160120
マッシュニブリック(Mashie niblick:7番)150110
フィーチャー(Pitcher:8回)140100
ニブリック(Niblick:9回)13090
ピッチングウェッジ(Pitching wedge)12080
サンドウェッジ(Sand wedge)7050

アイアンクラブの選択方法

初心者がアイアンを購入する際に考慮すべき事項は、シャフトの材質とヘッドの構造である。まずシャフトの材質はスチールとグラファイトに区分される。一般的に、ノードスチールシャフトは重くプロや20〜30代が多く使用する。最近リリースされた軽量スチールは40代にも合うように軽く発売されて好評を受けている。一般的に、通常の体格に通常の筋力と運動神経を持つ40代以上であれば、グラファイトシャフトを選択すると、無難である。

アイアンヘッドの構造

ヘッドの厚さが薄いブレード型と、ヘッドの端が重く分厚いキャビティバッグ型がある。

•ブレード型はキャビティバッグ型と比較して、ヘッドの中心面(スイートスポット)が少なく、正確な打撃をしていないときシャンクが出たり、莫大な飛距離ロスをもたらすことができる。しかし、一定の距離感と簡潔な感覚を得ることができ、プロゴルファーやシングルハンディふた締め機などが主に使用する。

•キャビティバッグ型は、ブレード型のように簡潔な感じはあまり一つのヘッドの中心面が広く外れた打撃をしても方向性と飛距離を確保することができます。このため、初心者や中級ゴルファーが多く使用される。最近多く発売されている中空構造アイアンは方向性が良いだけでなく、飛距離も増加させてくれシニアゴルファーや力が弱く飛距離が短く悩みのゴルファーにもいい。

パター

グリーン上のホールにボールを入れるときに使用するクラブラウンドでプレーされているショットの40%以上がパッティングある。それだけパターを選ぶことは、他のクラブを選択することも重要である。他のクラブとは異なり、個人の判断に基づいて選択を異にすることができる。パターは、理論が多様であり、グリップも厚さから重に至るまでの理論と形がとても多様である。代表的にマイナスと半月そしてこの2つを応用した2つのボールパターがある。

パタークラブの種類

種類ストロークの形
マイナスパターあるツーあるストローク
半月型パターストレートバックストレート
2つのボールパタースルーストローク(Through stroke)

標準の長さ

パターは、標準の長さ(33〜35インチ)がある。それでもデザインや色、感触などに区分すると数え切れないほどの種類が多様である。パターを選択するための最良の方法は、可能な限り多くのパターを使ってみて、自分に合った感じのパターを選ぶだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です