ゴルフクラブでスタンス幅のチェックとボールの位置

ゴルフクラブでスタンス幅のチェックとボールの位置について解説します。

7番アイアン活用法

7番アイアンを使った場合、最も理想的なスタンスは、肩の幅が両足の間の幅と同じである。7番アイアンを中心に、これよりも短いクラブは少しずつ狭く、長クラブは少しずつ広く調節する。

ゴルフクラブでスタンス幅のチェック

もしかしたら「肩の幅程度」の感が来ないか、どの程度が本人の肩の幅であることをよく知らない場合古いまたは使用していないクラブを利用して、肩に向かって幅だけペンで表示する。ペンで表示したクラブで練習するときの足の前に当ててみると、スタンスの幅が正しいかどうか、毎回確認することができる。

この方法は、スタンスの確立とアライメント(Alignment)を正すためにも有用である。普段スタンスがひどく広くか狭くミスショットが多くスイングがうまくいかないゴルファーなら、シンプルで簡単な練習法で、大きな効果を見ることができる。

クラブでスタンス幅点検スタンスが広ければパワーは良いが、柔軟性が減るという短所がある。一方、スタンスが狭ければ、柔軟性は良い体の軸が揺れてミスショットが発生する確率が高くなるので、自分だけの適切なスタンス幅を捜す。

スタンスのチェック法

クラブを肩に向かって肩の幅をペンで表示する。

ペンで表示したクラブを地面に置いて表示した幅に足を広げて立っている。つまり、肩幅に足をおとした状態でゴルフクラブにマークした肩位置が足のつまさきにある状態としておく。

ボールの位置

ボールの位置を7番アイアンを基準に、中央に置くことが原則である。クラブが長くなるほど、スタンスの左側に近いボールを置いて、クラブが短くなるほど、スタンス、右の近くにボールを置くのが良い。ティーTeeの上にあるボールを打つときは、中央ではなく、左足に近い位置に置いて練習しなければならスイートスポットに当たる確率が高くなる。