飛距離を出す重要な要素のコッキング解説

ポイント
コッキングはダウンスイング時のクラブヘッドスピードを加速させる役割をする。だから飛距離を出す最も重要な要素として挙げられる。

ゴルフのバックスイングでコーキングは、クラブの加速度を作り出す重要な要素である。次に、コーキングの時点ではどこからだろうか?バックスイングで正しいコーキングの時点では、バックスイング開始からだ。コーキング動作は人為的に作られている動作ではなく、バックスイング開始から頂点まで自然になければならない動作であるからである。

コーキング視点が重要

コーキングの開始を必要以上に早くしたり、逆に遅すぎるゴルファーは問題が多い。コーキング視点があまりにも速くなると、クラブシャフトがバックスイングのトップで地面と平行にされずにオーバースイングになる確率が高くなる。バックスイング時コーキング視点が遅くなると、トップでクラブがロッキングゴリゲされてインパクトが不正確になる可能性が高い。

正しいコーキング訓練法

正しいコーキングを作るためには、バックスイングをボールの位置からではなく腕スルー位置まで行って戻し始めるようにする。腕スルーまで行って戻すと、クラブヘッドの重量に慣性が作用して体の各部分が自然に動く。腕や手首に余計な力と緊張が抜けて、その結果、自分に合った理想的な位置からカシメを行うことができる。この訓練法は、アーリーコッキングに悩んでいるゴルファーにも効果的な方法である。

一方、コーキング時点が遅れるゴルファーはタオルを利用した訓練方法が良い。両脇にタオルを挟んでスイングするものである。コーキングを手遅れとバックスイング中にクラブが重く感じられる。力のある人を除いては、左腕が地面と平行になる位置までクラブを維持するのが容易ではない。この訓練法のポイントは、左腕が地面と平行になる位置でシャフトが地面と垂直になるようなものである。

正しいコーキングを作成するための必須要件

•テイクアウェイ(Take away)が終了した時点から、左手の親指を持ち上げリドゥト作ってくれる。
•正しいコーキングを作るためにはテイクバック時のクラブヘッドの先端が空を向いている。
•自然なコーキングを作るためには、左手の親指を曲げる練習をする。
•左腕を伸ばし地面と水平になるシャフトと左腕は垂直になるようにする。
•右ひじと手首を一緒に曲げることができようにする。
•バックスイングのトップでは、左手の親指を最大限に曲げる。
•バックスイングのトップでは、左手の親指がクラブのシャフトを受け打つし、クラブシャフトが目標に向かうことを確認する。

飛距離を出す重要な要素のコッキング解説をわかりやすく解説してくれているYoutube動画は中井学さんの「簡単に飛距離アップ!?「真のコッキング」で確実に飛ばす!【中井学】【飛距離アップ大作戦】」を推奨します。

アドレス時は、最も軽い状態にする

ソフトフルスイングの最初の条件は、アドレス時の体の緊張を緩和させるものである。深呼吸をして軽い状態で体を作ってアドレス動作をとり、バックスイングの頂点まで軽いグリップをどれだけ維持するかが良いフルスイングの基準となる。体の全体的な感じは回転力によって飛距離が出るようになるという事実を念頭してダウンスイングを導かなければならない。総体的に良いフルスイングの最も理想的な条件は、切れ目のない接続の動作と徐々に加速がつくヘッドスピードである。