グリーン周りの攻略ピッチアンドランの精度

ピッチアンドランの精度
目標地点を決めたら意識を目標地点に集中してショットを試みる。インパクトまで確実にボールを注視するとスウェイと上下の動きがないスイングになる。

グリーン周りでのアプローチショットはラウンドをあわせて最も多様な状況が演出されるので、最適の攻略方法を選択する必要がある。ピッチアンドラン(Pitch and Run)こそアプローチの固守になるために欠かせないショットである。

ピッチングウェッジを基本クラブに設定

ピッチアンドランは普段よりボールを低く浮かべボール早く止めるハイアプローチである。キャリー(浮かべるの通り、Carry)50%、ラン(転がり距離、Run)50%の割合を基本原則とする。通常ピッチングウェッジを多く使用してゴルファーに応じAW(52˚)とSW(56˚)を使用することもある。

まず、クラブフェースを開いてオープンスタンスでアドレスする。ボールの位置はスタンス中央が基本である。しかし、ライ(Lie)が良くない状況やランを多く使用するときは、中央よりも右側に置く。逆にボール浮いている距離を多く使用する状況では、中央よりも左側にボールを置く。ピッチアンドランのプレーは少しハンドファースト(Hand first)にアドレスする。

クラブを選択するときは、まずピッチングウェッジを使用できるかどうか判断する。ピッチングウェッジは、ボールを浮かせる距離と転がる距離の割合を半々に打つことができて、最も使いやすいクラブである。もしキャリーを増やしたい場合はアプローチウェッジまたはサンドウェッジを使用する。グリップは、1〜2インチ短く握る。体重は左足に60%、右足に40%置いて左足体重にアドレスする。

両手をボールより先に目標に向かって手ファーストいる。
フェースをオープンしてオープンスタンスに立っている。

グリップを短く握る精度が高くなる。

ボールの位置に基づいてキャリーとランの違いとは異なりすることができる。

左ひざを軸三体を回転させる

左足側に体重を置いて、アドレスするため、体重移動をほとんどしなくても、ボールを打つことができる。左ひざを軸に体を回転させてボールの右側にフェース面をインパクトさせるつもりで打つ。左ひざを中心にすると軸がぶれずにアドレスのような強固なインパクトを作ることができる。

ショットをする前にボールをどこに落とすか、目標地点を定める。その後、ボールの後方に数回軽く素振りをしスイング幅を確実に覚えている。2〜3回ウェグル(Waggle)を実施するのもいい。体の緊張が解け力を抜いた状態でスイングすることができ、手首も柔軟に使用することができる。

意識的にボールをツイオリョゴない。アドレスの再現だけ正確にすれば、ボールはロフト角度だけ自然に庭である。インパクト時のアドレスを再現するロフト角度だけボールを浮かせることができる。その後、十分なキャリーが出てくる。このように、ピッチアンドラン技術こそアプローチの高になるために欠かせないショットである。

ボール左サイドを見て、アドレス

ボール左サイドを見ると、自然に左足側に体重が載って正確なアドレスが出てくる。軸が右に傾けられず、脊椎がまっすぐ伸びた正しいアドレスが作られる。ボールを浮上させようという意識が強ければ、右足側に体重が多く注がので注意する。

20ヤードのピッチアンドラン

20ヤードのアプローチは、バックスイングするとき、クラブシャフトが地面に平行にする。クラブシャフトの先端は、目標方向を指してなければならない。この時、左手首が折れ場合、致命的なミスショットを呼び出すことができますので、注意する。腕スルーの形でも左右対称になるようにする。

20ヤードでは、シャフトが地面に平行にする。

30ヤードのピッチアンドラン

30ヤードのアプローチは、両手がベルトの高さまで上がってくるようにする。正面から眺めると、左腕とシャフトがV字型になるように手首をコーキングする。ダウンスイング時も自然に下半身をリードすることが重要である。フィニッシュでは、両手をも引いて体の外に抜けないように注意するが、両手が腹になるように気をつけると良いショットを作成することができる。

30ヤードでは、左腕とシャフトがV者とする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です